がんばってかっこよく言うと 落ちていく記憶の覚え書きとか…… ついでにホントのこと言うと八割が嘘のブログです
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
踏み逃げ
読み逃げ、踏み逃げ

それ、なんて言葉? 日本語の単語を並べてるけど、
それって、日本語なの?

うん、日本語だけど。複数の単語をあわせることで新たな単語を産み落とす、柔軟なことば。

あーねー、私にはその言葉「万引き」みたいな悪い言葉に聞こえちゃうよ。

     

読んでコメント残さなければ逃げたことになるらしい。切り番踏んで報告しないのも逃げたことになるらしい。
ROMと化しているmixiで「踏み逃げさせろ」というコミュニティを見つけてニヤニヤしてしまう。

雑誌で楽しみにしているエッセイはあるけどファンレターも感想も出さない。本も買わない。そんな文章もある。というより、そんな文章が多数。でも多分、真っ先に読むページ。真っ先じゃないけど、一応目は通すページ。タイトル見て興味があるからぱらぱらとめくって、期待はずれで途中でやめるページ。
yahooのトップページは常に開いて、気になるニュースはリンクをクリックして続きを読む。
HP作成やブログのデザイン編集で、よくお世話になるサイトがあって、感謝を込めてリンクに入れさせてもらったりはする。小さいところなんかにはありがとうって入れることは結構多いかな。

どうしても伝えたいことがあったらコメントを書く。コメントを書いてあげたいなと、ちょっとおこがましいような感情で書くこともある。

振り返って自分のことを考えれば、コメントはないけれど、定期的に見に来てくれているらしいIPアドレスが増えるのは、少し、嬉しい。
レビューを書くつもりもなく、覚え書き程度に書いた本の題名で、検索してきた人の跡を見て、ありゃりゃ残念でした(ゴメンね)って思ったり、同好の士かなってにやりとしたりする。

でも、日に訪問者数が二桁行かなくても、全然、平気。
0の日でさえ。
ある種の人には、それが強がりやたてまえに見えるらしい。

     

逃げていった人がどこかにいるらしい。
何から逃げ出したのか、よくわからないのだけど。何で「逃げる」なんて必要があるのかも。

迷い込んだら、勝手に踏んで行って、勝手に読んで行って、通り過ぎてくれたらいいよ。
何も提供できないし、する気もないから、お代はいらない。

ただ、奪っていかないでと、臆病犬みたいにびくびくしている自分を、我がことながらもてあましているけれど。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。