がんばってかっこよく言うと 落ちていく記憶の覚え書きとか…… ついでにホントのこと言うと八割が嘘のブログです
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
直木賞!
今日久しぶりに本屋へ行って文芸書の棚を冷やかした。

ここで「久しぶりに」がかかるのは「文芸書の棚を冷やかし」の部分。
最近、仕事用の本探しているうちに閉店時間だったからな……

文芸書の棚に行く前に、まずは文庫コーナーを二周ほど。
先月文庫になった「重力ピエロ」(伊坂 幸太郎著/新潮文庫)と読んだことのない作家の本との二冊を手に取る。本多 孝好作品が最近文庫になった気がしていたのだけど、気のせいだったかな……と思いながら移動した。

そしたらさ、三浦しをんさんの新刊が出ていて
帯に「直木賞受賞後、第一作」って!

去年、「むかしのはなし」で芥川賞をとり損ねていたから、どうなることかと思っていたら、
直木賞かよ!!



受賞作は、「まほろ駅前多田便利軒」。もちろん、とうに買って読んでいます。男二人がメインの話ですが、危ない雰囲気は薄れています。しをんさんなのに!
いえ、私同人誌とかやおいとかの文化はあんまりわかんないので、そこはあんまりポイントじゃないんですけど。
でも、しをんなのに!(爆)

まあさ、
そもそも、わたしは「むかしのはなし」のほうが好きだがな

直木賞受賞はもう一人。森 絵都さん。こちらも好きな作家さんですが、受賞作品は……読んでないや

この二人の名前が並んでいると、直木賞ってこんなんだっけ? っていうような感想もちょっとあるんですけど
好きな作家さんだしなぁ

なかなか久しぶりに楽しい本屋寄り道でした
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。