がんばってかっこよく言うと 落ちていく記憶の覚え書きとか…… ついでにホントのこと言うと八割が嘘のブログです
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東京の古い公団で生きている人
東京は憧れでねぇ、18のときに出てきたんだよ
でももう田舎にね、一週間だっていられないよ
こっちが懐かしくなってねぇ
車の音とかね、救急車のサイレンの音とか
ほら、あんまりないからね

ここは最後の住処になるのだろう。
それとも、病院でその時を待つのだろうか。
それとも、死はやはり故郷でと、本当は願っているのだろうか。

もうねぇ、ここがウチだからね
懐かしくは思うけども……
どうなんだろうねぇ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。