がんばってかっこよく言うと 落ちていく記憶の覚え書きとか…… ついでにホントのこと言うと八割が嘘のブログです
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメントって…の追記というか私信
伝えたい相手は特定されてしまうかな。ごめんなさいね。鍵コメでもいいので(他人の介入は嫌かもしれないし)反論してくれてかまわない
というか、そちらの方がおたがいすっきりするかもしれないよ?

と、
この記事、昨日の夕方一回書いたのですが、ちょっと違うなと下書きに放り込んでおきました。
その後、深夜、ちょっと「やっちゃったぁ」という出来事を起こしてしまったので、新しく書き直すことにします。

     ★

「笑い飛ばして頂ければ」とあったのですが、笑うことでも、哂うことでも、ないと私は思っていたりします。

いらしたのに気づいたとき、ほんの二週間前までだったら、私は恐怖を覚えるばかりだったでしょう。
あれからふた月もたって、初めていらっしゃってなにやら探していらしたので、「何かあったのかな? 何か言いたいことがあるのかな? それをとめているのが遠慮なら言ってくれないかな」
声をおかけしたのはそういうことです。大きなお世話、勘違いかもしれない。それならその私の発想こそ笑い飛ばしてください。

以前ごらんになった方々ですが、それぞれ一二往復のコメントのやり取りしか、あなたがいらっしゃるまでありません。ですから、何が起こっていたのか、私はそれまで知らなかったのですよ。それどころか、彼らも私にとっては恐怖の対象でした。引越し当初のあの頃に、彼らのブログに挨拶に行ったのは強がった結果です。平気な顔のコメントをしてみせて、何事も無いうちに早く帰りたいと思っていました。だから後ろ足で砂をかけるようなことになりました。それはごめんね。「邪魔するな」ではなく「邪魔しないからかまわないで!」って、実はあれは悲鳴だったのです。書き言葉じゃわかんないですよね。
心配や好奇心で見に来る気持ちはとてもよくわかります。
わかりますなんて、言われたくないかもしれないのだけれど。

さて、昨日の深夜(今日未明か)私がやったことで、変わってしまったかもね。私も、昨日以降、変わってしまったかもしれないけど、何をどう思ったのか、もやっとしたところは上手く捉えられないのです。
昨日の昼までは、ニュートラルにいようと思っていたはずなのに、バカですね。

それでも、
もしも、コメントしたいことがあったら書いていってください。鍵コメでもなんでもいいです。

冗談じゃない、ふざけるなと思っていたとしてももっともだけど
いえ、もうちょっと違うんですよという話かもしれない。それは、他人には、想像できたとしてもそうだと決め付けることは出来ませんから。

あんなこと書かれて、出来るわけないでしょう?
それもそうですね。
でも、言った方がすっきりするタイプなのか、スルーした方がマシと思うタイプなのか、そんなんじゃないということも含めて、あなたのことを私も知らないのです。
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2005/10/27(木) 07:09:55 | | #[ 編集]
haru-nkocho@(アットマーク)hotmail.co.jp

フリーメールアドレスを取りました。
よろしければお使いください。

- - - - - - -
念のため、
このブログの公式メアドとして常用するつもりはないので、これをご覧になって、今後他の方がメールを送られることがあっても、返事は期待しないで下さい。読むこともお約束いたしません。まずはコメント欄にお願いします。コメント欄はもちろん嬉しく読ませていただいています。

このブログにはご意見受付用のメールを設けていません。(必要や他の理由で個別にメールアドレスをお伝えしている方はいらっしゃいますが、その扱いは別です)
親しく交流できることは嬉しく思います。けれど、勝手な話ですが他の方との交流を第一目的としていないブログです。ネット上のword、メモ帳として使用しております。ただ、いろいろな方の目のつくところに置いてあるものですから、配慮はしたいと思っています。
まことに勝手ですが、ご理解頂ければ幸いです
2005/10/27(木) 11:03:49 | URL | 晴 #VWFaYlLU[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2005/10/27(木) 13:50:16 | | #[ 編集]
さて、昼の間にある場所での出来事は進行してしまいました。

こちらでの話はそれと関連してもしなくても、どうとでもなると思っています。

てか、キャッチボールのボールは今、あなたの側にあります。ニュートラルと呪文を唱えるには暴走しすぎました。さぞかし不快と不安をあたえてしまっていることでしょう。
繰り返しますが、ボールはあなたの側にあります。どこに手をつけるか、あまり心配しないで投げていただけますか?
無茶な要求ですが、よろしくお願いいたします。
2005/10/27(木) 21:30:30 | URL | 晴 #VWFaYlLU[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。